鍼治療


鍼治療とは

東洋医学の中の流れの一つに鍼灸の方法があります。
歴史は古く、3,000年も前から中国で行われ、東洋の医学の発展に一躍かっており、特に江戸時代に大流行し、生漢方とともに日本の医学を支えてきました。
ベイフロント整骨院&鍼灸院では、この鍼灸での治療の方法を使い、血流を改善したりしていくことを行っています。
体の中にはツボ(経穴)が存在し、このツボは体の中で生きるために必要な流れの上に存在しおります。そのツボ(経穴)を刺激していくことで体の動きを活性化して行きます。
こうすることで全身を活性化させ体の中から本来自分が持っている治癒力を活性化(免疫機能改善)させていくのです。
また、西洋医学も重要です、そして、東洋医学もまた見直されている昨今、ベイフロント整骨院&鍼灸院では、西洋医学の論理的な知識、解剖、構造医学にプラスして東洋医学の良いところを組み合わせて施術を行っております。
この鍼施術は過去21年間の施術実績で培われた確かな技術と経験を鍼灸の方式に生かし、治療に役立てております。


ベイフロント整骨院&鍼灸院のお灸は熱くない施術




安心安全な使い捨ての鍼!【いたくない鍼】

保健所の許可を得た安心安全な【一回で使い捨てとなる、使い捨て鍼】をベイフロント整骨院&鍼灸院では使用しております。
また、院内は清潔で空気中の湿度や温度にも細心の注意を払い、鍼灸の効果をより一段と引き立てる施術環境を常にキープしております。
使用する鍼は髪の毛よりも細く、怖いと思っている方は注射鍼などをイメージしている方も多いかと思いますが、そのような鍼ではなく、極細の鍼を使い捨てで使用しております。
ベイフロント整骨院&鍼灸院の鍼は痛みがなく初めての方にも安心安全で効果的です。


ベイフロント整骨院&鍼灸院 電話

鍼 効果

鍼灸施術は効果が表れやすい即効性が特徴で、すぐに実感して頂くことが出来ます。
ビフォーアフターで関節の動きや痛みの除去等もご実感頂けます。
アメリカの国立衛生研究所の大規模な臨床試験の結果発表では、鍼治療の効果として、腰痛・頭痛・偏頭痛・上腕骨外上顆炎(テニス肘)については通常の医療と同等に効果があると言っております。それ以外にも、自律神経痛、身体がだるい、元気がない、食欲がわかない、朝目覚めが悪い、坐骨神経痛や神経症状にも鍼が効果的です。

 

誘導作用
鍼を打つことで、血管に小さな刺激を与えて患部の血の流れを調整する。
調整作用
鍼を打つことで、患部、組織、器官に一定の小さな刺激を与えて機能を回復させる。
反射作用
鍼を打つことで、刺激を与え、その反動を利用して回復を促す。
免疫作用
鍼を打つことで、白血球を増やし免疫機能を高めさせて回復させる。




ベイフロント整骨院&鍼灸院の鍼灸治療


鍼治療に関するQ&A

Q:鍼治療は痛くないですか?

A:ベイフロント整骨院&鍼灸院では、極細のステンレス製の日本製を使用しておりますので、痛くない鍼と言われておりますが、人により鈍みや重さ、違和感を感じる事が有ります。それらはツボ(経穴)に効いている感覚です。時間と共に薄れて行くので心配はありません。しかし、不快と感じた場合は直ぐに先生にお申し付けください。

 

Q:鍼の消毒はどの様にされているのでしょうか?

A:ベイフロント整骨院&鍼灸院では、1回での使い捨て鍼を使用しており、エチレンオキサイド減菌済ですので安心して下さい。

 

Q:鍼を受ける時の食事のタイミングを教えて下さい。

A:食事は施術前後1時間ぐらい時間を空けて下さい。

 

Q:血が出る(出血)事はありますか?

A:極細の鍼を使用している為、ほとんど出ませんが稀に出血する場合があります。ですがすぐに止血できる程度のものなので心配する必要はありません。

 

Q:鍼を打つことによる副作用はあるのでしょうか?

A:鍼を打つことにより、身体の反射作用や免疫作用をうながす自然治癒を利用します。ですが稀に、重い・怠い・鈍い等の感覚が残る事が有りますが、数日で元に戻りますので心配する必要はありません。

 

Q:鍼治療をした日の入浴は可能でしょうか?

A:治療後の入浴は問題ありませんが、治療後すぐと、倦怠感が出た場合は休憩を取り、控えるようにして下さい。

 

ベイフロント整骨院&鍼灸院 お問合せ


Q:鍼治療をした日の運動は可能でしょうか?

A:治療後の運動は問題ありませんが、治療後すぐと、倦怠感が出た場合は休憩を取り、控えるようにした方が良いでしょう。

 

Q:いつでも鍼治療は受けれるでしょうか?

A:はい、お受けできます。しかし大変混み合っておりますので予約をお取りしてベイフロント整骨院&鍼灸院にお越しください。

 

Q:女性特有の症状にも鍼の効果は有るのでしょうか?

A:あります。生理痛・便秘症・冷え性・更年期・むくみ・肌荒れ等、様々な女性特有の症状に対して有効なツボに鍼で刺激し免疫機能の向上を促します。

 

Q:病気で病院に通っており、お薬も飲んでいますが鍼治療は受けれますでしょうか?

A:基本西洋医学と東洋医学の併用は問題ないとされています。
しかし、病気の内容と患者様の状況等にもよるので、現在通院している病院の先生にご相談をして了承を得て、病院の同意書をお持ちください。


ベイフロント整骨院&鍼灸院 お灸