ぎっくり腰


ぎっくり腰とは

ぎっくり腰は別名【急性腰痛症】という疾患になります。
腰の部位に、突然、激痛が走ると言われるぐらいの症状に襲われ、立っている事さえ難しい状態に陥ります。
一般的に、重量のある物を変な角度で持ち上げたり、重い物を持っていないのに変な体制を取ってしまったとき、寝起きに急になど、突然、急に襲ってきます。
このような状況で起きた疾患を日本では【ぎっくり腰】と言います。

  • 急に腰痛に襲われる
  • レントゲンなどの画像診断では解らない
  • 無理な動作による痛みの悪化
  • 他の疾患との合併が見られない
  • 短期間で改善する傾向

ぎっくり腰は激痛で、動けなくなる場合も有るので大変ですが、早急に整骨院に行く事を強くお勧めします。
私は自分で治せるから大丈夫とか、痛いまま放置、格安マッサージで大丈夫とかは、絶対に避けた方が良いです。慢性化する恐れがある為、お勧めできません。

最近では、【ぎっくり腰】ではなく【ぎっくり背中】という腰ではなく腰の上部部位に、ぎっくり腰と同じ症状が現れる疾患に襲われる方が増えております。
現代のツール【PC】【スマホ】等の使用時の姿勢や環境等が大きく影響しているとしか思えない症状と言えます。

ぎっくり腰は急に来ると言いますが、実は、原因となる予兆や体調が関係しているのです、
では次で説明いたします。


ぎっくり腰はベイフロント整骨院&鍼灸院へ


ぎっくり腰 原因

現在、ぎっくり腰になると言われる原因は判明していないのが現状ではあります。
しかし、色々な有力説があるのも事実です。
一概に重い物をもったからだけではなく、特に重い物を待たなくても変な体勢動作やセキ、くしゃみなどでも起こる事が有ります。
筋肉のねんざや炎症、線維輪の亀裂も関係が深いとされており、個人差が有りますが、運動不足による筋力の低下、悪い姿勢による慢性的な骨の歪み、スポーツによる故障等も関係していると言えます。
やはり、何かしらの要因が溜まり限界に来ると、爆発的発症して患部を襲う疾患と言えます。
ですので、普段から予防する事が重要になります、油断は大敵!気を付けましょう!



ぎっくり腰 対処法

動けないほどの重症な方から動ける感じの軽症な方まで、まさに突然の事で大変な状態にあると思いますが対処をして急ぎ、整骨院へと向かいましょう。
動けない方は、人の手を借りるのも致し方ありません。助けを呼びましょう!

発症時から2日間は炎症が起きて熱を帯びる事がある為、冷やす事が重要になります。また、動くことで更に患部に刺激を与えてしまう為、安静も重要になります。
横向きになり安静にして患部を冷やして、助けを呼ぶ。そして、症状が落ち着いて来たら急ぎ整骨院へと行く事をお勧めします。
耐えられない程の激痛の場合は、椎間板ヘルニアや圧迫骨折の恐れも考えられます、急ぎ整形外科での診察を受ける事をお勧めします。

ベイフロント整骨院&鍼灸院 電話


ぎっくり腰 予防

日常的に腰痛に悩まされている方や、ぎっくり腰の治療後は、コルセットの使用、湿布の使用、軽めの運動、ストレッチが有効です。
また、重い荷物等は持たない、睡眠不足や極度のストレス、変な体勢での作業や行動、この様な事に気を付けて予防しましょう。
筋力不足によるぎっくり腰も多いので、腹筋、背筋、下半身の筋力の強化も大事と言えるでしょう。

 



ぎっくり腰に関するQ&A

Q:ストレッチの他にどの様な運動が効果的でしょうか?

A:体幹が重要になります、治療後はお勧めできませんが、回復後に軽めのバランスボール
や腹筋、背筋の強化をしましょう。

 

Q:ぎっくり腰は再発すのでしょうか?

A:再発がとても多い疾患と言われております。鬱やストレス、不安と密接な関係が有るとも言われているので、精神的な緊張状態は危険です、なるべくリラックスをする様に心がけましょう。

 

Q:腰用コルセットやサポーターは仕事中のように長く使用しても良いでしょうか?

A:問題ありません、たまに外して圧力を下げ、軽めの運動、ストレッチをすると良いですね。

 

Q:寝る時はどの様な体勢で寝るのが良いでしょうか?

A:基本的に横向きでひざを曲げるのが良いです、仰向きに寝る場合でもひざを曲げてひざの下にクッション等を挟むのが良いでしょう。

 

Q:入浴はどの様に入るのが良いでしょうか?

A:発症時は炎症の恐れがあるので避けましょう、逆に冷やす事をお勧めします。発症から2日後であれば(重症は除く)ぬるめのお湯に静かにゆっくりと入り、軽くほぐすのも効果的です。

 

Q:短い期間に何度もぎっくり腰になってしまいます対処法はありますか?

A:非常に良くない症状です、別の疾患が疑われます、早急に病院での検査を受けるのが良いと思います。

 

ベイフロント整骨院&鍼灸院 お問合せ