寝違え


寝違えとは

寝違えとは、睡眠中に首が無理な体勢になったまま数時間が経過した時や、スポーツや不慮のアクシデントで自分の首の可動域を超えた動きをしてしまった時に発生する首の関節または筋肉の損傷になります。
別名で「急性疼痛性頚部拘縮」とも言われております。

症状は軽度から重症までと幅広く、寝違えて激痛に襲われるという事も珍しくありません。
基本的に首全体と言うよりは一方向にのみ動かす事で鈍痛や激痛が発生します、数日で回復する事もありますが、長く続く事も有ります。すぐに回復するか分からないので、やはり早期回復をする為にも、寝違えは整骨院へ直ぐに行くことをお勧め致します。
適切な処置を早く行う事で、慢性化の防止や重症への移行防止等になります。
早急に整骨院へ行き、寝違えの症状を先生に相談しましょう。


寝違え 原因

寝違えの原因は正確に画像診断に映らない為、解明はされていないのが現状です。しかし、いくつかの要因が関係している事が分かっております。

  • 長時間、無理な体勢での睡眠で、首の筋肉や関節・筋に負担が掛かり損傷を起こしている。
  • 睡眠用の枕の高さの不一致による不具合の結果。
  • 肩こりやリュウマチ等の別の疾患による副作用的な不具合。
  • 睡眠中の冷えによる血行不良が引き起こす不具合。
  • 内臓の不調や過度のストレスによる筋肉疲労が引き起こす不具合。
  • 泥酔飲酒や過労が災いし、同じ寝相が長時間続くことによ首の筋肉や関節が損傷する。

上記のように、寝違えの要因は複数考えられます。
一般的に寝違えを軽く見ている人が多くいると思いますが、軽く簡単に考えていると、とんでもない事態に発展する場合もあるので、何度も慢性的に引き起こす方は要注意した方が良いでしょう。


  

寝違え 対処法

寝違えの治療として、初期段階では炎症または内部にて軽く損傷を起こしている可能性が有る為、冷やす事が重要になります。
捻挫の処置でも説明している通り、冷やす事により血管が萎縮して血流が緩やかになり腫れや炎症を抑える効果が有ります。

  • 患部を冷やす。
  • 首を出来る限り動かさないようにする。
  • 患部に湿布を貼る
  • 痛み止めを服用する

上記のように自分でできる事には限界が有ります。
寝違えで整骨院に行く事により、症状によりますが、医療用電気治療、鍼灸治療、手技による経穴(つぼ)刺激による免疫回復施術等、複数の手段での回復施術があります。
早め早めが大切です、自己判断で放置せずに、すぐに整骨院の先生に相談して下さい。

 

寝違え 激痛

寝違えが激痛の方は、首の筋肉・筋が損傷を引き起こしている可能性が高いです。
すぐにでもお近くの整骨院で見て頂きましょう!
場合によっては、医療機関(整形外科クリニック)へ行く事を進められる場合もございます。
かならず、寝違えは整骨院にて専門の施術を受けましょう!


 

寝違え 予防

予防として考えられる事は、

  • 現代社会では難しいと思いますが、ストレスを溜めない事。
  • 自分に合った適切な枕を使用する
  • 身体を冷やさない。
  • 寝る前は、リラックスを心がける。

寝違えに対して予防をする方は少ないと思いますが、寝違えになってからじゃ遅いです、そして後悔するので、最低でも枕の調整は心がけましょう。



ベイフロント整骨院&鍼灸院 電話

寝違えに関するQ&A


Q:何度も寝違えが頻繁におこります、何か違う病気でしょうか?

A:その可能性は有ると考えられます、医療機関(整形外科クリニック)にての受診をお勧め致します。早め早めが大切です、すぐに受診しましょう。

 

Q:寝違えました!首の箇所をマッサージしても大丈夫でしょうか?

A:寝違え初期段階での首への刺激(マッサージ)は止めた方が良いでしょう、血行が良くなり炎症が広がる可能性があります。整骨院の先生に相談して下さい。

 

Q:寝違えた状態で運動をしても大丈夫でしょうか?

A:症状によりますが、通常は安静になります。首の箇所が炎症又は損傷状態にあるのに運動により更に損傷個所を広げる事になり回復を遅らせる事になります。スポーツ選手でもまれに寝違えにより欠場のケースもあるぐらいです。

 

Q:寝違え中ですが入浴は大丈夫でしょうか?

A:初期段階では炎症。腫れ状態にあるので血流を良くする入浴は危険行為になります。発症から数日経過し治療している方は整骨院の先生に相談して判断して下さい。どうしてもという方は、シャワーでの簡単な入浴をお勧めします。

 

 

Q:寝違えが激痛でどうにもなりません、どうしたら良いでしょうか?

A:すぐに医療機関(整形外科クリニック)を受診して下さい。何か違う症状を併発している恐れがあります、頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアといった症状もしれません。早急に受診する事をお勧めします。

 

Q:寝違え中に首にカイロ等で温めても大丈夫でしょうか?

A:初期段階に首の箇所を温めるのはお止めください。血行が良くなり炎症が悪化する恐れが有ります、当日のシャワーも避けた方が無難でしょう。

 

ベイフロント整骨院&鍼灸院 お灸